毎日必ずポイントGET

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LINEのオリジナルスタンプ作り方!


よければ登録してみてください
簡単にポイントを貯めて換金することができます
毎日必ずポイントGET

どうも!ニコニコ






いま、若い世代の
スマートフォンユーザーを中心に絶大な利用率を誇るSNSアプリ
LINE

インストールしている方は多いと思います


LINEで良く使われるのがこのようなスタンプというものです


(※このアカウントは僕のサブアカウントです 笑 もちろん偽名ですにひひ)

文字を使わずに気持ちを伝えれたりして便利ですよね


このスタンプ2013年5月現在で、

5000種類以上の種類があるのですが、
多くが課金スタンプとなっています( ̄▽ ̄;)あせる


このスタンプ欲しい!」と思っても

お金払ってまで欲しくないなぁ…
と、いう方もいるかと思います



ならば!

自分で作ればいいじゃないか!!


と、いうことで、今回は何回かに分けて

LINEのスタンプの作り方について書いていこうと思います


自作スタンプを使うことで

更に楽しくLINEを利用する事が出来ます

このように
↓↓↓↓↓↓





用意するもの

・画像加工アプリ (画像を加工して使いたい場合のみ)

・ファイル管理アプリ(必須)


画像加工アプリについては、

LINEカメラ

PhotoMix

ファイル管理アプリについては

アストロファイルマネージャー

をオススメします

※申し訳ありませんが各アプリの使用方法については各自で調べてくださいショック!

今回紹介するのはandroid版LINEのスタンプを他の画像と差し替える方法になります

適用されるのは、同じ画像ファイルを入れている相手と、自分のみです



では、今回はクマさんのスタンプを入れ替える方法を書いていきます




成功すると、このようになります



では、まず

スタンプにしたい画像を用意しましょう

画像はインターネットでダウンロードしたものでもカメラで撮影したものでも構いません

そして、お好みで文字を書いたりして加工してください



画像が加工できたら、


LINEカメラでもPhotoMixでもいいので、画像のサイズを少し小さくしておいて下さい

どちらのアプリも画面をタップして指を広げると拡大
閉じると縮小になります



画像の準備が終わると、あとはファイルを差し替えるだけです


アストロファイルマネージャーを使い


SDcard/Android/data/jp.never.line.android/stickers/2/

というふうにフォルダを開いてください

「2」というフォルダまでいくと、「数字」や「数字_key」というファイルがあると思います


そこの「140」と「140_key」というファイルを入れ替えます

もともとあるファイルは必要ないので、削除してください


(削除が嫌な方はファイル名を変えることで削除せずに済みます
例: 140.jpg 140key.jpg)

では、先ほど加工した画像を持ってきましょう


LINEカメラで加工した場合

/sdcard/LINEcamera/


PhotoMixで加工した場合

/sdcard/Photo Editor Data/

へ、加工した画像が保存されています


画像のサムネイルを長押しタップし、「移動」または「コピー」を選択し、


先ほどの

SDcard/Android/data/jp.never.line.android/stickers/2/


ここへ、「貼り付け」をしてください



そして、貼り付けた画像を長押しタップし、「改名」をタップ

140」へ変更してください


そして、改名した「140」を長押しタップし、「コピー」その場で「貼り付け」そこで、エラーが出るので「改名」を選択し「140_key」にしましょう


これで操作は終わりです


LINEのクマのスタンプの一番最初のところが、加工した画像になっていると思います




ちなみに「140」とは、送信されるスタンプ画像


「140_key」とは、スタンプを選択するときに標準される小さいサイズのサムネイルのことです



今回は急いで書いたのであまり説明が出来ていませんがご了承ください叫び




分からないことはコメントにて!


では( 。・ω・。)ノシ


よければ登録してみてください
簡単にポイントを貯めて換金することができます
毎日必ずポイントGET


Android携帯からの投稿
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。